top

ジョブシカについて

資格を取得していれば就職や転職へ有利に働くということは周知の事実です。
現在では国家資格と民間資格を合わせると相当な数の資格が存在しますが、希望する業界で活躍するためにはどうしても資格が必要になるケースも珍しくありません。
当サイト「ジョブシカ」は、さまざまな業界で活躍できる資格試験を網羅的に扱っているサイトです。
業界別にいろいろな資格をご紹介しますから、ぜひ今後の就職・転職活動へ役立ててください。

資格を取得することのメリット

top1

「転職を考えているから資格を取得しようと思う」などという話を友人や知人から聞かされた方も多いかもしれませんが、特にまったく異なる業界からある業界の仕事に就こうと考えた場合などは資格取得は就職への大きな近道になることがあります。
現在の日本では法律で定められた資格を取得していないとその仕事に就くことができないこともありますし、どうしてもその仕事に就きたいのなら資格を取得する必要があるのです。
代表的なものだと看護師や美容師、弁護士などは国家試験をパスする必要がありますし、試験にパスして資格を取得しなければこれらの仕事に就くことはできません。

また、資格を取得していると就職や転職に有利に働くことが多いのもまた事実です。
資格試験にパスして資格を取得したということは、一定の知識や技術が身についているということの証明ですから、就職や転職でも有利に働くことがあるのです。

年齢や人間性、社会人生活の長さなどがまったく同じ二人の人間がいた場合、一人は資格を持っていてもう一人が資格を持っていなかったとしましょう。
この場合、前者は就職や転職の面接で良い印象を与え採用される確率が高くなりますが、後者はどうしても前者と比較して採用されにくいと言えるでしょう。
top2

もちろん、資格さえあれば就職することができるというのは大きな間違いですが、持っていることによって自分の能力をアピールすることができるため就職へ有利に働くことは事実です。
自分が働きたいと思っている分野で使えそうな資格を持っていればそれだけで採用されやすくなりますし、給与にも影響が出ることがあります。
昇給するスピードなど資格の有無によって待遇が変わってくることはよくあることですから持っておくに越したことはありませんよね。

働きたい業界にマッチした資格を取得

人によっては実に数多くの資格を持っている方もいます。
「俺こんなに資格持ってるんだ~」と自慢してくる友人が周りにいる方も少なからずいるとは思いますが、実際資格をたくさん持っていることをステータスのように考えている方は少なくありません。

確かに、資格をたくさん持っているのは素晴らしいことですし、それだけさまざまな知識を身につけているということですからそこは評価すべきポイントです。
しかし、このようなただの資格コレクターの場合、就職や転職、良い待遇を求めるといった目的ではなく「資格を取得すること」自体が目的になっていることがほとんどです。
top3

それはそれで悪いことではありません。
人によっては資格取得が趣味という方もいますし、そこを否定するわけではありませんが、もしアナタが就職や転職を有利に進めるために資格取得しようと考えているのなら自分の働きたい業界にマッチしたものをチョイスする必要があります。

極端な話、医療業界で働きたいのに美容師国家資格を取得しても意味がありませんよね。
もちろん、医療の世界で働いたあと美容業界へ転職したいというヴィジョンがすでに出来上がっている方だと話は変わってきますが、普通は医療業界から美容業界へ転職するということは少ないのではないでしょうか。

医療の世界で働きたい、活躍したいのなら医療に関連性のある資格を取得するべきですし、美容業界で働きたいのなら美容に関する資格を取るべきです。
自分の働きたい業界への転職に役立つ、働きだしてからも通用するような資格の取得を目指しましょう。

当サイト「ジョブシカ」では、ここから先業界別にさまざまな資格をご紹介します。
もし、自分の働きたい業界や該当する資格があればぜひ最後まで目を通してください。