フォークリフト

流通倉庫や工場などではフォークリフトを使って重い荷物を移動させることが多いですよね。
人の力だけでは運べないようなものでもフォークリフトの力を借りれば簡単に移動させることができますし、流通の現場や工場でも重宝されています。
フォークリフトを運転するには免許が必要ですが、ここではフォークリフトの免許についてご紹介します。

目的によって種類がある

自動車の運転免許を持っているからフォークリフトも運転できる、と考えている方は意外に多いですが、自動車運転免許ではフォークリフトを運転することはできません。
フォークリフトを運転するための免許が必要となりますから、保持していない者が勝手に運転することは禁止されています。

一口にフォークリフトと言ってもいくつかの種類に分類することができ、もっともポピュラーなカウンタバランスと呼ばれるタイプのほか、リーチフォーク、ウォーキーフォーク、サイドフォークなどがあります。
現場や目的によって適したフォークがありますから、どれでも良いというわけではありません。

また、フォークリフトの免許は運搬できる最大積載荷重によって分かれています。
最大積載荷重が1トン未満だと特別教育のみで運転することが可能となりますが、最大積載荷重が1トンを超すのなら技能講習も必要となります。

なお、運転技能講習を修了すればすべてのタイプのフォークリフトを操縦することが可能となります。
いろいろなフォークリフトを運転する可能性がある方は技能講習を受けたほうが良いでしょう。

人気が高い

流通に関わる現場やレンタル倉庫、工場などが主な活躍の場となるのではないでしょうか。
ほかにも港湾での作業や建設現場など、フォークリフトはあらゆるシーンで活躍しています。
フォークリフトの有資格者を求めている企業も多いですし、資格としての人気も高いです。
重い荷物を自分の力ではなく機械の操縦で運搬が行えるので女性の方にも人気の資格となっています。

技能講習を修了していればすべてのフォークリフトが運転できますし、就職先の選択肢もより増えるのではないでしょうか。
興味のある方はぜひ資格取得にチャレンジしてください。