マイクロソフト オフィス スペシャリスト

オフィスでデスクワークに従事している方だとパソコンでワードやエクセルなどのソフトを駆使することも多いのではないでしょうか。
書類や見積書の作成などあらゆるシーンでワードやエクセルは用いられますし、プレゼン資料を作るのにパワーポイントを使っているという方も少なくありません。
マイクロソフト オフィス スペシャリストはその名の通り、マイクロソフト社が提供しているワードやエクセルなどオフィスソフトの技能を測る国際資格試験です。

仕事の効率が変わる

現代のオフィスワークにおいてマイクロソフトのオフィスソフトが使われないことはまずないと言っても過言ではありません。
書類や見積書、プレゼン資料などの作成においてオフィスソフトは欠かせない存在ですし、これらのソフトを使いこなせるかどうかで仕事の効率が大きく変わってくることもあります。

マイクロソフト オフィス スペシャリストはマイクロソフト認定の国際資格で、それぞれのアプリケーションごとに試験が分かれています。
つまり、ワードやエクセル、パワーポイントなどそれぞれのソフトごとに試験を受けることができるということです。

国籍や年齢などを問わずに誰でも試験を受けることができますから、気が向いたときに受験可能です。
試験は全国一斉試験と随時試験の二つから選ぶことができ、自分に合った方法で受験ができるのは大きなメリットでしょう。

全国一斉試験はオンラインで申し込みができ、毎月1~2回開催されています。
随時試験は最寄りの試験会場で受験できますから便利ですね。

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験は再受験に関する注意点がありますから、それだけは事前に押さえておきましょう。
公式サイト上で注意点などもチェックすることが可能です。

採用優先度の違い

最初に言ったように、現在ではマイクロソフトのオフィスソフトをまったく使っていないという企業はまずないと言えます。
オフィスワークにおいてオフィスソフトは必須の存在ですし、何をするにもオフィス製品を使用しているのが現状ではないでしょうか。

マイクロソフト自体が世界的に有名な企業ですし、オフィススペシャリストも知名度の高い資格ですから人気があります。
取得していると就職や転職に有利に働くことはほぼ間違いないでしょう。
オフィスソフトを上手に使いこなせる人とそうでない人とではオフィスワークにおいて雲泥の差が出ますし、企業もこの資格を持っている人材を優先的に採用しようとしています。

マイクロソフトオフィススペシャリストは日本はもちろん世界各国で人気のある資格です。
日本はもちろんですが、いずれ海外で活躍したいという方にもオススメできる資格かもしれません。