ソムリエ

言わずと知れたワインのスペシャリスト

ソムリエとは、ワインにおけるさまざまな知識を持った人のこと。
かなり前に大々的なワインブームが訪れてから、ソムリエは私たちにとってもかなり身近な存在になったように思います。

ソムリエの資格は民間資格で、日本では「全日本ソムリエ連盟」を始め、いくつかの団体が認定している資格試験を受けることで取得できます。
ちなみにフランスではソムリエの資格は国家資格で、資格を取得していないと仕事をすることができないのだそうです。
日本では必ずしも資格を取得していないと働けないような法律があるわけではないのですが、ソムリエはかなり特殊な仕事であることから、実際に求人を行っている企業では、資格を取得している人を優先的に採用する傾向にあります。

ソムリエの仕事内容と活躍の場

ソムリエというと高級レストランで働いていて、料理に合わせたワインを選んで説明してくれるというイメージが強いですね。
こうしたレストランで働くソムリエは、接客だけではなくレストランのワイン全般の管理を行う仕事もしています。
ワインセラーやワイン倉庫の在庫を管理し、足りなければ発注したり、レストランが季節に応じてメニューを変えたら、その料理に合わせたワインを仕入れるのもソムリエの仕事です。

そのほか、最近のソムリエはいろいろな職場で活躍しています。
レストランはもちろん、酒店やワインショップなどでワインを選ぶお手伝いをしてくれたり、高級レストランではなくワインを扱うファミリーレストランでも、ワインの仕入れや選定に携わっているソムリエは多いです。
数多くある職業の中では、ソムリエは需要があまり高くない仕事かもしれませんが、昔と比べるとその資格を活かせる場は増えてきました。

ソムリエの資格を取得するには

前述した「全日本ソムリエ連盟」が運営する資格は、実務経験がなくても受験することができますが、「日本ソムリエ協会」が運営する資格は実務経験が必要になります。
資格を取得して就職に役立てたいということであれば、全日本ソムリエ連盟の資格を受験し、すでにソムリエとして働いているけれど、よりスキルを磨きたいという人は、日本ソムリエ協会が運営する資格を受けるとよいと思います。

受験条件はそれぞれの団体によって異なりますが、多くの場合運営団体が開講している講座を受講することが受験条件として定められています。
受講費は決してお安くないようですが、受験条件となっているので必ず受講しなければなりません。
ただし、ソムリエの資格試験を受ける上で役立つ内容に特化していますので、しっかり受講すれば高い確率で試験に合格できるでしょう。
それぞれの団体の資格情報をチェックして、自分に合っていると思う資格を受験するとよいと思います。